KSML 国立大学法人 室蘭工業大学 清水一道 ものつくり研究室


プロフィール

清水 一道 Kazumichi Shimizu 室蘭工業大学 もの創造系領域 材料工学ユニット教授

お問い合わせ

当研究室に関するお問い合わせはこちら

月別アーカイブ

2016年10月

第22回テクノカフェ

2016年10月29日(土)
場所:紀伊国屋書店札幌本店

第22回を数えるテクノカフェが札幌の紀伊国屋書店で催されました。このテクノカフェとは、様々な方々をお招きして「ものづくり」に関するお話を聞いていただく「講演会」と「ものづくり体験教室」を開いている企画で、室蘭工業大学ものづくり基盤センタ-と北海道新聞社室蘭支社との共催で開催されている催しです。

20161029-01.JPG

午前中に行われた「ものづくり体験教室」では、「鐵の素クッキ-を作ろう!」と題してお菓子の製作体験を行いました。この鐵の素クッキ-とは、鉄鉱石、石炭、石灰石をモチ-フにしたお菓子で、清水先生が最初のアイデアの段階から携わり、室蘭市内のナニナニ製菓さんとの共同で開発したお菓子です。本学公認のお土産用お菓子である鐵の素クッキ-を製作元のナニナニ製菓さんご協力の下、申し込みされた親子の皆さんに製作いただきました。今回は石炭に似たクッキ-に挑戦していただき、炭を練り込み丸める作業を親子で体験いただきました。会場内にはクッキ-を焼く良い香りが漂い、見た目は鉱石のようで、中身は美味しいお菓子の製作を楽しんでいるご様子でした。

20161029-02.JPG

20161029-03.JPG

20161029-04.JPG

クッキ-を焼いている時間を利用して、本物の"金属"にも触れていただき、この後行われる予定の「ものづくりト-ク」で使用される自動車エンジンもご覧いただきました。

20161029-05.JPG

20161029-06.JPG

まさに見た目が石炭のように焼き上がった鐵の素クッキ-を、参加者の方々が大事そうに持ち帰っておりました。

20161029-07.JPG
20161029-08.JPG

午後からは「ものづくりト-ク」が行われ、「鉄の科学」という題目で聞き手のAIR'Gパ-ソナリティの森基誉則氏と話し手の清水先生のト-クをお楽しみいただきました。清水先生から、鉄の製錬方法のお話や鋳造で作られている車のエンジン部分を実際にご覧いただきながら金属を身近に感じてもらえるようなお話をお聞きいただきました。皆さん、会場に持参した鐵の素クッキ-を味見しながら、興味深く聞き入っていました。

20161029-09.JPG

20161029-10.JPG

20161029-11.JPG

会場には、室蘭工業大学、理系女子応援プロジェクト等をPRするパネルや巨大ジンギスカン鍋等が展示され、また、毎回好評のメダル製造機も持ち込んでおり、沢山のお子さんがメダルを手に喜んでおられました。

20161029-12.JPG

20161029-13.JPG

今回のテクノカフェも沢山の方々にご参加・ご観覧いただき、感謝申し上げます。次回のテクノカフェもどうぞご期待ください。


第22回テクノカフェのお知らせ

「第22回テクノカフェ」が札幌市で行われます。
ものづくりをテ-マとしてさまざまな方のお話を聞いたり、ものづくり体験教室が開催されるカフェです。今回のものづくり体験教室は、室蘭工業大学生協で好評発売中の本学公認菓子「鐵の素クッキ-」の製作体験です。
techno_cafe_2016-01.jpg

techno_cafe_2016-02.jpg

会場:紀伊国屋書店札幌本店1階インナ-ガ-デン
(札幌市中央区北5西5 sapporo55ビル)
日時:平成28年10月29日(土)11:00~12:30

ものづくり体験教室

「鐵の素クッキ-を作ろう!」

鉄鉱石、石炭、石灰石をモチ-フにしたお菓子の製作体験です。本学公認のお土産でもある「鐵の素クッキ-」を製作元のナニナニ製菓さんご協力の下、製作できるチャンスです。先着親子10組(20名)まで参加できます。応募資格はお子様小学生以上です。参加希望の方は住所、氏名、電話番号、参加人数を記入の上、お問合せ先:室蘭工業大学清水研究室までFAXしてください。(FAX 0143-46-5651)


 13:30~14:30 ものづくりト-ク
「鉄の科学」

本学清水先生がAIR'Gパ-ソナリティの森基誉則氏が聞き手となりト-クを繰り広げます。お申込みは不要ですので、直接会場へ足をお運びください。
ものづくり体験は只今募集中です。この機会を逃さず、是非ご参加ください。ものづくりト-ク共々沢山の方々のお越しをお待ちしております。


フロンティア技術検討会

2016年10月28日(金)
場所:室蘭市中島神社崍殿

室蘭テクノセンタ-からのご依頼で、フロンティア技術検討会で清水先生が講演いたしました。この検討会は、室蘭地域の産業に有用な技術や今日的な課題等のテ-マについて、大学や行政、専門家、企業の経営者当、様々な方々による講演を通して地域連携や新たな技術の普及などに貢献する会で、今回、室蘭テクノセンタ-設立30周年記念ということもあり、「ものづくり」の原点に立ち返り、ものづくり人材の教育機関である本学の清水先生に講演依頼がありました。
20161028-01.JPG

演題:「地域創生とイノベ-ション創出~人材育成と地域企業支援~」

20161028-02.JPG

20161028-03.JPG

人口減少・生産に携わる若者の流出等が問題になっており、今後の北海道経済に対して本学がどの様に対応できるかを考え、現在進めている人材育成事業や地域社会との連携強化事業(COC+事業)、地域企業との研究開発の取組み等、人材育成と企業支援についてお話いたしました。会場には、企業の方のみならず、大学関係者や学生も多数出席しており、130名を超える方々が熱心に聞き入っておりました。

また、東京にある浜野製作所の代表取締役 浜野氏の下町町工場の挑戦に関する講演もあり、出席した当研究室の学生にとっては、清水先生の講演のみならず、貴重な講演を聞く機会となり、大変実りの多い時間となりました。

20161028-04.JPG


20161028-05.JPG


ものづくり教室[本室蘭小学校]

2016年10月26日(水)
場所:室蘭工業大学 ものづくり基盤センタ-

室蘭市内にある本室蘭小学校6年生33名がものづくり教室のため来校されました。同じ市内ですが少々遠方に位置しているため、バスでお越しいただきました。
今回は鋳造によるキ-ホルダ-製作に取り組んでいただきました。手順説明を聞いていただき、生徒さんがご自分で選んだデザインやご自身で考案した図柄をシ-トに写して、型を作成していただきました。
20161026-01.JPG

20161026-02.JPG

笑顔で完成品を手にして、母校へお帰りになりました。

20161026-03.JPG

鉄の街・室蘭に住んでいる恩恵で、普通は体験できない「鋳造」という世界を少しでも垣間見ることのできる「ものづくり教室」。来年度も是非ご参加いただきたいと思います。

ものづくり出前授業[藤女子中学校]

2016年10月20日(木)・21日(金)
場所:藤女子中学校

毎年ものづくり出前授業を行っている札幌市の藤女子中学校から今年もご依頼があり、ものづくり出前授業を行いました。生徒数が多いため、2日間に分けて行われ、初日となる10月20日午前に3年1組、午後に3年2組、翌21日午前に3年3組、午後に3年4組が受講されました。
まず初めに清水先生からの講義を受講いただき、ものづくりに関する基礎知識や、普段は見ることのない自動車エンジンについての話を聞いていただきました。



20161020-02.JPG

その後ものづくり体験(カントリ-サインのペ-パ-ウエイト製作)が始まりました。合間に溶かした金属を水で急速に冷やして固める実験をご覧いただきながら、清水先生が製作手本を示し、それに倣って各自取り組んでいただきました。

20161020-03.JPG

20161020-04.JPG

20161020-05.JPG

清水先生や当研究室の女性スタッフ等に手伝ってもらいながら、初めての鋳造製作を体験いただきました。様々なカントリ-サインの型からお好きなものを選んでいただき、木枠の中に型を置いて周りを砂で固めて鋳型を作り、その型に熱して溶けた錫を流し込んで冷やし固めて製作いただきました。

20161020-06.JPG

20161020-07.JPG

20161020-08.JPG

20161020-09.JPG

20161020-10.JPG

20161020-11.JPG

昨年度初めて、藤女子高校が理系女子応援プロジェクトを体験されたりと藤女子中学校・高校の生徒さんとは非常にご縁があり、今後も続くことを期待しております。このように全道各地や道外でも出前授業を行うため、「ものづくり」の面白さを伝えに東奔西走しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


RMIT(ロイヤルメルボルン工科大学)ものづくり教室

2016年10月19日
場所:室蘭工業大学 ものづくり基盤センタ-

オ-ストラリア・ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)の学生10名が、本学ものづくり基盤センタ-においてものづくりを体験しました。RMITは、本学と学術交流協定を結んでおり、毎年学生数名が数日間来日し、交流を深めております。昨年度は諸事情で来日が実現せず、2年ぶりの来日となる今回は、10月14日から26日まで滞在し、本学で研修を行います。毎回清水先生がものづくり教室を開講し、日本での「ものづくり」を体験していただいております。
20161019-01.JPG

今回は、最初にものづくり基盤センタ-内にある3Dプリンタ-を見学された後、ものづくり講義を受講いただき、熱して溶かした金属を急速に冷やす実験をご覧いただきました。その後カントリ-サインのペ-パ-ウエイト製作の手順説明をし、ものづくりに取り組んでいただきました。

20161019-02.JPG

20161019-03.JPG

皆さん、初めての鋳造体験で歓声を上げながらペ-パ-ウエイトを完成させていました。完成品と清水先生から室工大特製のボルタのお土産が贈られ、また、引率の先生には室工大特製ジンギスカン鍋と清水先生の本が贈呈され、次の研修先へと向かわれました。

20161019-04.JPG

20161019-05.JPG

今回も受講いただきありがとうございました。室蘭滞在の良い思い出になったのではないでしょうか。来年度も是非ものづくり基盤センタ-へ足を運んでいただきたいと思っております。


ものづくり教室[水元小学校][ものづくり教室]

ものづくり教室[水元小学校]
2016年10月6日(木)
場所:室蘭工業大学 ものづくり基盤センタ-

水元小学校5年生41名がものづくり教室のために来校されました。8月に行われた3年生、4年生に続き、5年生の皆さんにはより高度な卵パッケ-ジ作りに挑戦していただきました。
最初に、清水先生のものづくり講義があり、ものづくりの基礎を学んでいただきました。その後、卵パッケージ作りへと移りました。
20161006-01.JPG

20161006-02.JPG

このものづくりは、5、6人一組でダンボ-ルを使用して規定内の大きさ(30×30×30cm)で箱を作成し、その中に卵を6個入れて5mの高さから箱を落して卵がいくつ割れるかを班ごとで競う実験です。いかに卵が割れないようにするか頭を悩ませながら、ダンボ-ルを切ったり貼ったりして箱を製作していました。

20161006-03.JPG

20161006-04.JPG

20161006-05.JPG

20161006-07.JPG

苦労して作った箱を持って、ものづくり基盤センタ-外で落下実験を行いました。落下させる度に歓声が上がり、自分の班の箱を覗いて卵の確認をしていました。結果は、6個全て割れずに残った班が2班ありました。

20161006-08.JPG

20161006-09.JPG

このものづくりによって、規定サイズ内でなるべく軽く箱を作り、どれだけ卵を割らずに済むかということを学んでいただきましたが、水元小学校では3年間を通して「ものづくり」を段階を踏んで学んでいただいております。この体験が、将来の職業に生かされるよう、今後もお隣の学校という利点を生かして、継続してご参加いただきたいと思っております。



PAGE TOP