KSML 国立大学法人 室蘭工業大学 清水一道 ものつくり研究室


プロフィール

清水 一道 Kazumichi Shimizu 室蘭工業大学 もの創造系領域 材料工学ユニット教授

お問い合わせ

当研究室に関するお問い合わせはこちら

月別アーカイブ

2017年9月

日本鋳造工学会第170回全国講演大会・日本鋳造協会平成29年度秋季大会

2017年9月30日(土)~10月2日(月)
場所:秋田大学

日本鋳造工学会第170回全国講演大会が秋田大学で行われ、清水先生及び清水研究室の学生が参加いたしました。日本鋳造工学会とは、鋳造に関する学問、技術の進歩、向上と、それに伴う鋳造業界の発展を目的に設立された学術団体で、諸活動を通じて学・業界の発展に寄与しており、その一つがこの全国大会です。この全国講演大会は春季と秋季の年2回開催され、例年日本鋳造協会秋季大会も併せて開催されております。毎回、約120件という多数の研究発表が行われ、技術活用等に大いに貢献しております。

20170930-01.JPG

会場では鋳造企業のカタログ展示や技術PRコ-ナ-もあり、多数の企業が鋳造業界の活性化のために出展しておりました。

20170930-02.JPG

20170930-03.JPG

初日の30日には、清水先生がオ-ガナイズドセッションで司会進行を務めました。これは、日本鋳造協会創立85周年を記念した特別オ-ガナイズドセッションで、「黒鉛球状化理論」について議論され、清水先生がオ-ガナイザ-として、この議論を司会・まとめる役割を担いました。

20170930-04.JPG

30日午後、日本鋳造工学会創立85周年記念式典が行われ、85周年特別功労賞の表彰や特別講演が行われました。また、平成29年度Casting of the Yearの表彰と第3回学生鋳物コンテストの表彰も行われ、室蘭工業大学代表の清水研究室が見事最優秀賞をいただきました。これは2014年のプレ大会、2015年の第1回大会と3回目の受賞となり、清水研究室の鋳物への並々ならぬ研究や情熱が評価されている証とも言えます。

20170930-05.JPG

20170930-06.JPG

20170930-07.JPG

この日の夜には懇親会が催され、秋田会場ならではの「なまはげ」が会場を盛り上げ、和気あいあいとしたム-ドの中、皆さん交流を深めていました。

20170930-08.JPG
 
10月1日に研究発表講演会が行われ、当研究室の教職員及び学生が発表を行ないました。

「多合金白鋳鉄の高温アブレシブ摩耗特性に及ぼすNi添加の影響」
助教 楠本 賢太

「多合金白鋳鉄の高温エロ-ジョン摩耗特性に及ぼす炭素含有量の影響」
研究員 船曳 崇史

「WC-Co系超硬合金鋳ぐるみ多合金白鋳鉄の高温エロ-ジョン摩耗特性に及ぼす溶射の影響」
修士課程2年 樋口 千紗

「多合金白鋳鉄のエロ-ジョン摩耗特性に及ぼす熱処理条件の影響」
修士課程2年 太田 悠紀

「Fe-C-Cr-Mo-W-Nb-Co系多合金鋳鉄のエロ-ジョン摩耗特性に及ぼすNi添加の影響」
修士課程1年 五十嵐 雄紀

こういった全国大会での発表は、これからの学生生活や社会人にとって、大きな経験となりますし、他の研究発表を聴講できる素晴らしい機会です。清水先生の、当研究室の教職員や学生に沢山の経験を積ませたいという思いが込められております。


ものづくり教室[みなと小学校]

2017年9月26日(火)・27日(水)
場所:ものづくり基盤センタ-

室蘭市のみなと小学校5年生がものづくり教室に参加されました。生徒数が多いため、2日間に分けてご参加いただきました。
26日には5年1組36名が参加され、オリジナルキ-ホルダ-作りに挑みました。

20170926-01.JPG

ものづくり講義を聞いていただいた後、キ-ホルダ-作成となりました。

20170926-02.JPG

20170926-03.JPG

20170926-04.JPG

キ-ホルダ-の型を作成する際、カッタ-を使いますので、皆さん真剣に取り組んでいました。

また、翌27日には5年2組36名の生徒さん達が同じくオリジナルキ-ホルダ-作りを体験されました。

20170926-05.JPG

20170926-06.JPG

20170926-07.JPG

20170926-08.JPG

本日も皆さん一心不乱に作業に取り掛かっていました。
みなと小学校の皆さんには2日間に渡りご参加いただきありがとうございました。来年度も是非ご参加いただけることを期待しております。


平成29年度 室蘭工業大学 学位授与式(9月修了)

2017年9月25日(月)

9月25日に本学学位授与式(9月修了)が挙行されました。当研究室からは、中国からの留学生2名が大学院博士後期課程卒業となりました。

大学院博士後期課程 先端生産システム工学コ-ス
・張 堯  ・肖 磊

20170925-01.JPG

この9月で帰国となりますが、母国でもここで学んだことを胸に日々研究活動に邁進していただけることを願っております。


理系学生応援プロジェクト[札幌新川高校]

2017年9月23日(土)・24日(日)
場所:ものづくり基盤センタ-

本年度も理系学生応援プロジェクトが開催されました。このプロジェクトは、日本鋳造工学会との共催で、理系やものづくり企業就職に関心を持ってもらう目的で、普段の授業では体験できない製造業の現場を肌で感じてもらうような体験学習を行うプロジェクトです。

毎年参加されている札幌新川高校が今回も来校され、1年生男子8名女子5名、2年生男子2名女子2名計17名の生徒さんが1泊2日でものづくりを体験されました。今回も新川高校からは原田先生が引率されました。

20170923-01.JPG

20170923-02.JPG

1日目、ものづくり基盤センタ-到着後理系学生用の作業着に着替えてもらい、開会式に臨んでいただきました。次にこの2日間安全に作業していただくための安全講習を受講いただきました。

20170923-03.JPG

最初にグル-プワ-クとして、「砂漠で遭難したら・・・」というテ-マで遭難時にどのような対処を行うかを、グル-プで話し合い、グル-プ毎にプレゼンテ-ションしていただきました。これは、グル-プでの話し合いで決まった結論と、自分だけで考えていた結論では、格段に正解との誤差が違うということを学んでもらう学習です。グル-プでの相談や意思の疎通がどれほど大事であるかを学習していただきました。

20170923-04.JPG

20170923-05.JPG

20170923-06.JPG

グル-プワ-ク終了後は清水先生から、ものづくりの歴史と技術という高校では習わないような興味深い講義を受講いただきました。
そして、待ちに待った鋳造実習が始まりました。初めての鋳造体験は、カントリ-サインのペ-パ-ウエイト作りとなり、清水先生の作業順序を聞いてもらいながら作業を進めていきました。砂型作成という難しい作業に挑戦してもらった後、溶かした金属を注入して完成となります。

20170923-07.JPG

20170923-08.JPG

20170923-09.JPG

本日最後の実習は、アルミによる鋳造コンテストです。UFO型の砂型をグル-プ毎に作成して溶かしたアルミニウムを流し込み、作品の出来栄えを競うものです。金属は冷えた後、大きさが縮小し、当初考えていたものと違ってくることを学習できたのではないでしょうか。

20170923-10.JPG

20170923-11.JPG

20170923-12.JPG

本日のものづくり体験が終わり、慰労も兼ねて本学そばにあるレストラン・アスコットにて夕食会が開かれました。この会では、この9月で博士課程の学位取得が終了した、清水研究室所属の中国からの留学生 張堯さんと肖磊さんの送別会も兼ねて行われました。

20170923-13.JPG

20170923-14.JPG

2日目は前日製作したアルミによるUFO型の鋳造品の出来栄えについて、清水先生からお話があり、鋳造の難しさも知っていただきました。また、精巧な鋳造品を見ていただくために、車のエンジン部分もご覧いただきました。

20170923-15.JPG

20170923-16.JPG

次に本日の実習となり、前日の鋳造体験を踏まえて小型ジンギスカン鍋製作をしていただきました。清水先生の試作を見て、自分達でも砂型を作ってもらいました。この体験には、日本鋳造工学会平成29年度北海道支部大会で支部貢献賞を受賞された日邦バルブの大嶋様が、この受賞のご縁から清水先生を慕って、是非鋳造体験に参加したいとのお申し出をされ、
女性社員2名様と共に参加されました。

20170923-17.JPG

20170923-18.JPG

20170923-19.JPG

20170923-20.JPG

砂型が完成した後、アルミを高温で溶かし流し込む作業を特別参加として引率の原田先生にも参加していただきました。

20170923-21.JPG
 
昼食休憩は、味の大王へ移動して室蘭名物カレ-ラ-メンを堪能いただきました。
本学へ戻り、清水先生による最終講義を受けてもらい、全日程終了となりました。今回参加していただいた記念として、清水先生から工大特製ボルタや各自で作成いただいたペ-パ-ウエイト、ジンギスカン鍋が生徒さんに贈られました。

20170923-22.JPG
 
毎回、清水先生始めスタッフも気合を入れて趣向を変えながらお迎えしております。この体験が後の理工学系への進学に結びついてくれることを期待しております。


ものづくり教室 [本室蘭小学校]

2017年9月20日(水)
場所:ものづくり基盤センタ-

ものづくり基盤センタ-に本室蘭小学校が来校され、ものづくり教室に参加されました。本日は6年生14名がオリジナルキ-ホルダ-作りに挑戦いたしました。

スタッフが用意したトレ-シングペ-パ-に各自思い思いの絵を描き、これをシリコンに写して型を製作してもらいました。

20170920-01.JPG

20170920-02.JPG

20170920-03.JPG

20170920-04.JPG

完成した世界で一つのキ-ホルダ-を手に、喜んで帰校されました。
来年も是非このものづくり教室に参加いただき、身近にものづくりを体験いただきたいと思います。


ものづくり教室 [大沢小学校]

2017年9月19日(火)
場所:ものづくり基盤センタ-

室蘭市内の大沢小学校3年生16名が来校され、ものづくりを体験されました。今回は、オリジナルキ-ホルダ-製作です。
始めにものづくりのお話を聞いてもらってから、キ-ホルダ-製作のための型つくりを行いました。

20170919-01.JPG

20170919-02.JPG

20170919-03.JPG

20170919-04.JPG

20170919-05.JPG

溶かした金属を型に流し込み、十分に冷えたキ-ホルダ-を各自お土産として持って帰っていただきました。

金属に触れる機会を十二分に味わっていただける「ものづくり教室」は、「鉄の街 室蘭」に住んでいるのですから、是非体験いただきたいものづくりです。どうぞ他の学校もお気軽にご用命ください。


ものづくり教室[水元小学校]

2017年9月11日(月)・12日(火)
場所:ものづくり基盤センタ-

毎年室蘭市内の小学校では、同じ市内の室蘭工大を大いに活用していただく目的で、ものづくりを体験していただいております。今年度初の市内小学校ものづくり教室として、お隣にある水元小学校が来校されました。水元小学校では、毎年、3年生、4年生、5年生の3学年が、学年が上がる毎に少しずつ高度なものづくりを体験されています。11日は、ものづくり基盤センタ-にて、4年生44名の生徒さんがカントリ-サインのペ-パ-ウエイトを製作され、12日には、3年生45名の皆さんがオリジナルキ-ホルダ-を作りました。

11日の4年生のものづくりでは、最初にものづくりのお話を聞いていただき、その後、北海道の様々な地域のカントリ-サインの中からお好きなデザインを選んでもらい、それを元に砂型を作成いただきました。

20170911-01.JPG

20170911-02.JPG

昨年3年生の時のキ-ホルダ-製作ではシリコンを用いて型を製作いただきましたが、今年はより高度な砂型作成に挑んでいただきました。この砂型に、スタッフが溶かした錫を流し込み、十分冷めた後生徒さんにペ-パ-ウエイトが手渡されました。

20170911-03.JPG

20170911-04.JPG

20170911-05.JPG

20170911-06.JPG

来年5年生の時には最後のものづくりとなりますので、有終の美を飾るべく頑張っていただきたいと思います。
また、12日には3年生がオリジナルキ-ホルダ-を作りました。まず初めにものづくり講話を受講いただき、ものづくり体験がスタ-トいたしました。

20170911-07.JPG
 
ご自分で考えたデザインか、こちらで用意した参考デザインから型をシリコンで製作し、出来上がった型に溶かした錫を流し込んで、冷えてからキ-チェ-ンをつけて完成です。

20170911-08.JPG

20170911-09.JPG

20170911-10.JPG

20170911-11.JPG

最後に出来上がったキ-ホルダ-を持って、出来栄えに満足の表情を浮かべていました。

20170911-12.JPG

20170911-13.JPG

最後に清水先生のものづくりのお話を聞いていただいて、終了となりました。

20170911-14.JPG
 
まだ3年生ですので、スタッフの手助けを借りながらの初めてのものづくりを体験いただきました。これから徐々にハ-ドルが上がっていきますが、どんどんトライして、ものづくりの魅力を知っていただきたいと思います。


SPCI-XI

SPCI-XI[研究活動]
2017年9月4日(月)~6日(水)
場所:スウェ-デン ヨンショ-ピング

スウェ-デンで行われたSPCI-XI(鋳鉄の加工における国際シンポジウム)に清水先生と楠本助教が参加、研究発表を行ないました。この学会は、ほぼ4年おきに世界規模で開催されている学会で、鋳鉄における著名な研究者が発表を行なう学会です。

20170904-01.JPG

20170904-02.JPG

スウェ-デンは2014年のAbrasion会議の際にも訪れている土地ですが、今回訪れたヨンショ-ピングは初めての訪問で、スウェ-デンで2番目に大きいヴェッテルン湖の南3分の1を挟み込むように位置している都市です。今回の学会は、この湖畔のホテルを会場に行われ、大変風光明媚な場所での開催でした。

20170904-03.JPG
 
5日には清水先生が研究発表を行ないました。
題目:"Effect of C content on high temperature erosive wear characteristics of Fe-based V containing multi-component white cast iron with Ni"

20170904-04.JPG
 
他国の研究者からも注目を集め、質問を受ける場面もあり、また、他の研究発表の際には、清水先生も盛んに質問を投げかけて、現在取り組んでいる研究をお互いに披露しあいました。

20170904-05.JPG

20170904-06.JPG

その夜には、バンケットが催され、和やかな雰囲気の中、各国の研究者らが盛んに情報交換を行っていました。

20170904-07.JPG

6日には楠本助教が研究発表を行ないました。
題目"Influence of nickel addition on erosive wear behavior of Fe-based Nb containing multi-component white cast iron"
世界ではどのような視点で研究が進んでいるかを知る絶好の機会となり、大変有意義な学会出席となりました。今後の研究活動に大いに参考にしていきたいと思っております。


PAGE TOP