KSML 国立大学法人 室蘭工業大学 清水一道 ものつくり研究室


プロフィール

清水 一道 Kazumichi Shimizu 室蘭工業大学 もの創造系領域 材料工学ユニット教授

お問い合わせ

当研究室に関するお問い合わせはこちら

月別アーカイブ

2017年5月

ものづくり教室 [札幌あいの里東中学校]

ものづくり教室[札幌あいの里東中学校]
2017年5月31日(水)
室蘭工業大学 ものづくり基盤センタ-

札幌からあいの里東中学校2年生6クラスが体験学習で本学を訪問され、そのうち1クラス(35名)がものづくり基盤センタ-でものづくり教室を体験されました。

まず初めに、ものづくりに関する講義を受講いただき、その後、今回作成するカントリ-サインのペ-パ-ウエイトの要領を説明いたしました。北海道の様々なカントリ-サインからお好きな物を選んでいただき、その型を使って砂型を作成します。そこへ高温で溶かした錫を流し込み、冷やし固めて完成となります。注意事項を頭に入れて、製作に取り組んでいただきました。

20170531-01.JPG

20170531-02.JPG

20170531-03.JPG

20170531-04.JPG

スタッフが溶かした錫を流し込み、冷やして完成したペ-パ-ウエイトはお土産にお持ち帰りいただきました。

このように胆振管内以外の他地域の方々にも、ものづくりに親しんでいただくためにいろいろなものづくりを体験いただいております。


日本鋳造工学会 第169回全国講演大会

日本鋳造工学会 第169回全国講演大会
2017年5月26日(金)~28日(日)
場所:東京都市大学 世田谷キャンパス

東京都市大学にて開催された日本鋳造工学会第169回全国講演大会に、清水先生及び清水研究室の学生が参加いたしました。鋳造業界の発展を目的に設立された学術団体である日本鋳造工学会が、春季と秋季の年2回開催している全国大会で、毎回、約120件の研究発表が行われ、同時に技術講習会や工場見学会、展示会等諸行事も開催されて、会員にとって絶好の交流の場となっている大会です。清水研究室は、学生の研究発表の場として毎回参加させていただき、貴重な経験をさせていただいております。

20170526-01.JPG

27日・28日に研究発表講演会が行われ、当研究室の教員及び研究員、学生が発表を行ないました。

「多合金白鋳鉄の高温アブレシブ摩耗特性」
       助教 楠本 賢太

「多合金白鋳鉄の平面曲げ疲労強度」
       博士研究員 船曳 崇史

「多合金白鋳鉄のエロ-ジョン摩耗特性に及ぼす焼入れ保持時間の影響」
       修士課程2年 太田 悠紀

「WC-Co系超硬合金鋳ぐるみ多合金白鋳鉄の熱応力解析」
       修士課程2年 樋口 千紗

清水先生の研究発表者に対する質疑を間近に見る機会も、重要な勉強のひとつです。

20170526-02.JPG

20170526-03.JPG

全国大会での研究発表は、普段経験することのない機会ですので、発表者にとっては大変勉強になりますし、また、他の発表を聴講することは今後の研究活動に生かすことができます。次回第170回全国大会(秋田市)に向けて、また気持ちを新たに研究を続けてもらえれば、と思っております。


         

PAGE TOP