KSML 国立大学法人 室蘭工業大学 清水一道 ものつくり研究室


プロフィール

清水 一道 Kazumichi Shimizu 室蘭工業大学 もの創造系領域 材料工学ユニット教授

お問い合わせ

当研究室に関するお問い合わせはこちら

カテゴリ

ものづくり教室

ものづくり教室[室蘭高等技術専門学院]

2018年2月8日
場所:室蘭工業大学 ものづくり基盤センタ-

室蘭市内にある室蘭高等技術専門学院の学生22名が来学され、ものづくり体験をいたしました。
北海道を代表する工業地域室蘭の人材育成機関である本学と室蘭技専とが、相互に連携し技術交流を行うことにより、ものづくり人材としての視野を広げ、地域産業への貢献度の高い人材育成を目指すことを目的として、今回、室蘭技専の学生さんがものづくり基盤センタ-で鋳造体験をしました。

最初にものづくりに関する講義を受講いただきました。その後、鋳造体験へと移り、カントリ-サインのペ-パ-ウエイトを作成いただきました。スタッフが補助をしながら、砂型を作成し、そこへ溶かした錫を流し込みました。

20180208-01.JPG

20180208-02.JPG

20180208-03.JPG

午後からはアルミによる鋳造コンテストを行いました。これは、UFO型の砂型を4つのグル-プに分かれて作成して、溶かしたアルミニウムを流し込み、作品の出来栄えを競うものです。午前中の鋳造体験を参考にしていただき、グル-プ毎に協力し合いながら挑んでいただきました。このことにより、金属は冷えた後、大きさが縮小し、当初考えていたものと違ってくることを学習していただきました。

20180208-04.JPG

20180208-05.JPG

20180208-06.JPG

20180208-07.JPG

20180208-08.JPG

20180208-09.JPG

20180208-10.JPG

20180208-11.JPG

20180208-12.JPG

溶かしたアルミニウムを型全てに行きわたらせ、想像通りの形を作ることの難しさを学んでいただけたのではないでしょうか。

今後も室蘭技専と相互に交流して、人材育成に繋げていきたいと思っております。


ものづくり教室[高砂小学校]

2017年12月13日(水)
場所:ものづくり基盤センタ-

室蘭市内にある高砂小学校の3年生43名がものづくりのため本学に来学されました。今回は、事前にご依頼があった高砂小学校の校章とカントリ-サインのペ-パ-ウエイトを鋳造で作成することになりました。

鋳造に関する授業と順序説明を聞いていただいた後、各自お好きなカントリ-サインを選んでいただき、その砂型と校章の砂型を作成いただきました。

 20171213-01.JPG

 20171213-02.JPG

 20171213-03.JPG

 20171213-04.JPG

 20171213-05.JPG

3年生にとっては、かなり難易度の高い鋳造体験でしたが、スタッフが懇切丁寧にお教えし、完成へとこぎつけました。最後に清水先生からまとめの講義を受講いただきました。

20171213-06.JPG

 
完成後は、お土産としてお持ち帰りいただきました。また、来校の記念として、清水先生からサイン入りの著書が贈られました。

 20171213-07.JPG

このようにものづくりを体験する生徒さんが増えれば、将来ものづくりに興味を持つ生徒さんの数が増えることに繋がると確信しております。


ものづくり教室[室蘭聾学校]

2017年12月6日(水)
場所:ものづくり基盤センタ-

本学に隣接する室蘭聾学校から3名が来学され、ものづくりを体験されました。

毎年、ものづくり基盤センタ-にてものづくりを楽しんでいただいておりますが、今年はカントリ-サインのペ-パ-ウエイトを作っていただきました。

まずはお好きなカントリ-サインを選んでいただき、砂型を作成、その型にスタッフが溶かした金属を流し込んで冷えて固まれば完成です。

20171206-01.JPGのサムネール画像

20171206-02.JPGのサムネール画像

20171206-03.JPGのサムネール画像

20171206-04.JPGのサムネール画像 

今回の体験の思い出に、ペ-パ-ウエイトを持って帰路につかれました。 

20171206-05.JPGのサムネール画像

前日降った雪で足元が悪い中、徒歩で来学していただき、ありがとうございました。こちらも毎年来学されるのを楽しみにお待ちしております。


ものづくり出前授業[六ケ所村立第一中学校]

2017年11月21日(火)
場所:六ケ所村立第一中学校

毎年訪問しております青森県六ケ所村からのご依頼で、村立第一中学校でものづくり出前授業を行ないました。六ケ所村とは、清水先生が取り組んでいるシップリサイクルプロジェクトにおいて、シップリサイクル国際シンポジウムを室蘭や六ケ所村で開催しているご縁があり、清水先生が取り組んでいる「ものづくり教室」を是非お願いしたいと一昨年度からお申し出を受けて出前授業を行っております。一昨年度は村立第二中学校、昨年度は村立泊中学校、そして今年は村立第一中学校で実施いたしました。

20171121-01.JPG

1年生29名を対象に、まずは導入として、ものづくりのお話を聴講いただきました。
講演タイトル「世界を変えるビジネスは、たった一人の熱から生まれる」

20171121-02.JPG

20171121-03.JPG

次にカントリ-サインのペ-パ-ウエイトを製作する鋳造実習へと移り、清水先生が丁寧に順序を説明しました。

20171121-04.JPG

20171121-05.JPG

また、熱した金属を急速に冷やすとどうなるか・・・という実験もご覧いただきました。

20171121-06.JPG

実際に生徒さんに砂型を作っていただき、初めての鋳造を体験いただきました。

20171121-07.JPG

20171121-08.JPG

20171121-09.JPG

20171121-10.JPG

製作終了後、清水先生のまとめの講義を聞いていただきました。また、室蘭から持参した、鋳造製品である自動車部品や室工大特製ジンギスカン鍋も併せてご覧いただきました。

20171121-11.JPG

20171121-12.JPG

最後に第一中学校の生徒代表の方からの挨拶をいただき、ものづくり教室の終了となりました。

20171121-13.JPG

六ケ所村からは毎年「ものづくり教室」をご依頼いただき、ありがとうございます。ものづくりに興味を持っていただくためにも、このように道外でも実施いたしておりますので、ご興味のある方は是非ご依頼ください。


金融機関向けものづくり目利き塾

2017年11月8日(水)、9日(木)
場所:小樽商科大学

9月に本学にて行われた学生向けのものづくり目利き塾に続き、今回は小樽商科大学を会場に清水先生が出向いて金融機関向けの「ものづくり目利き塾」を開講いたしました。

このプログラムは、ビジネス展開における「企業の技術力・競争力の見立て」「マ-ケティング(新市場開拓、新商品開発、適正な価格設定等)」「資金調達(開発・販売等の各段階)」の課題について、産学官+金融の連携によって、それらの課題解決を円滑に進められる人材育成を目指すものです。企業の資金調達に関しては、主に金融機関がその技術力・競争力を適切に見極める力(=目利き力)を養うことで、担保や保証に依存しない円滑な金融支援が可能となり、地域産業の活性化につなげることが可能になると考えられます。このことから、その事業価値を見極める機能、すなわち「目利き人材の教育」を目的に、本学や小樽商大がその教育の中心となって、昨年度より開講しております。また、今回も「地(知)の拠点大学による地方創生事業(COC+)」も兼ねての開講となっております。

今回は、北洋銀行、北海道銀行を始めとする道内金融機関の行員の方々や、自治体、経済団体の職員の方々計20名が全2日間の日程で参加されました。

20171108-01.jpg

1日目の最初に、開講式とガイダンスを行ない、小樽商科大学グロ-カル戦略推進センタ-産学官連携推進部門部門長の李濟民教授と室工大清水先生が開講の挨拶を行いました。

20171108-02.jpg

20171108-03.jpg

その後目利き塾がスタ-トし、「ものづくりの歴史」というタイトルで清水先生が講義を行ないました。

20171108-04.jpg

次に、今回の最初の実習として錫を使った鋳造実習を行ないました。実際に作成する前に、鋳造に関する講義を聴講いただき、更に清水先生による手順説明をご覧いただきました。その後、いよいよ錫を溶かして作るカントリ-サインのペ-パ-ウエイト製作に取り掛かっていただきました。日頃のお仕事とは全く異なる体験に、戸惑いながらも非常に真剣に取り組んでおられました。

20171108-05.jpg

20171108-06.jpg

20171108-07.jpg

20171108-08.JPG

昼休憩を挟んで、午後からはバスにて㈱光合金製作所(朝里工場)に移動し、工場見学、その後は小樽商大に戻って、小樽商大の後藤先生による経営戦略の講義をを受講いただきました。

20171108-09.jpg

次に室蘭に本社工場がある企業を題材に、ケ-スディスカッションへと移りました。この会社は、自動車、OA機器、産業機器など様々な分野の金型・金型部品を製造している企業で、開発を含む金型の設計から製造の一貫生産を行っている企業をケ-ススタディの一例として経営戦略等をディスカッションしていただきました。

20171108-10.jpg

20171108-11.jpg

2日目は、まず、清水先生による目利きに対する講義を聴講いただきました。

20171108-12.jpg

その後、実習へと移り、製品の目利きに関するグル-プワ-キングを行っていただきました。経済産業省の「ものづくり日本大賞」を受賞した道内企業等の製品を例に、5班に分かれてグル-プ内で製品に関する討論や、インタ-ネットによる調査等の情報収集を行っていただきました。

20171108-13.jpg

20171108-14.jpg

お昼を挟んで午後は、最後に行われるプレゼンテ-ションのための資料作りに取り組んでいただきました。各班でのグル-プワ-キング終了後、まとめた内容についてプレゼンテ-ションを班ごとに行ない、企業の技術力を見極める能力を判定しました。

20171108-15.jpg

20171108-16.jpg

20171108-17.jpg

受講の最後に、清水先生からこの2日間の総括があり、総評をいたしました。

20171108-18.jpg

2日間に渡り、事業価値を見極める「目利き力」を養う日程にご参加いただきましたが、この経験が今後の職場での取り組みに役立っていただけることを願ってやみません。

20171108-19.jpg


  • 1

PAGE TOP